士業で稼ぐためには

士業の平均年収について

トップ / 士業の平均年収について

士業で成功するための情報

士業の平均年収はどれくらいか。

一言で士業と言っても、その資格、独立の有無によって年収は異なります。最難関資格といわれる弁護士は約1000万円が相場ですが、最近は弁護士が増加しており200万円程度の人もいます。3大難関国家試験の1つ公認会計士は約800万円ですが、独立して2000万円以上稼ぐ人も数多くいます。登記業務を一手に引き受ける司法書士は約800万円です。行政書士は500万円程度と言われますが、業務の幅が広いため、努力によって数千万円ほど稼ぐ人もいれば、全く稼げない人もいます。税理士は約600万円、独立開業していると平均2000万円程度ですが1億円を超す人もいます。社会保険労務士は約750万円、独立すれば平均1000万円です。どの士業でも、独立する場合には、個人の人脈や才覚が大きく影響します。

ゲイの男性たち

士業の専門職の年収について

士業として働く人の年収について雑誌などでもいろいろ取り上げられていますが、実際のところ人口が多いところであれば何かしらの需要があるため仕事の依頼が入りやすいとも言われていますし、逆に人口が少ない地方だとそもそもその地域で活躍している人たちで新規参入の余地がない状況から、開業しても年収がそれほど得られない場合もあるでしょう。その開業をする地域でのニーズがどれだけあるのかなど、マーケティングをしっかりと行うことが必要不可欠であると言えます。ちなみに営業努力などでも変わってきますから、難関の士業の資格でも儲からない人もいますし、逆に薄利多売の方針で口コミなどで仕事がどんどん増えている比較的取得が楽な資格でも稼いでいる人は大勢います。