士業の資格を取る

士業の資格の難易度とは

トップ / 士業の資格の難易度とは

士業で成功するための情報

士業の難易度について

士業は行政書士、社会保険労務士、税理士など様々な資格があります。この中でも前提がない資格は行政書士だけになりますので、受験をする上で難易度が低いと言われる資格になります。しかしながら最近では行政が届け出るべきものが多くなりかつ複雑化しているため、こうした士業についても徐々に難しくなってきているという実感があります。また、こうした資格を取ったからと言って必ずしも仕事に直結をしない場合もあるため、資格を取ることがゴールではなく、むしろそこから取得した資格をどう仕事に結び付けていくかが重要となります。

ゲイの男性たち

士業関係の資格の難易度

士業に関係する資格の難易度は、行政書士が一番やさしいと言われており、資格の最初に位置付けられている資格になります。ただし、最近では年々難しくなってきているという専門学校などの話もあります。この行政書士資格を前提とするほかの資格もあります。社会保険労務士などの受験資格の一つがこの行政書士資格であったりします。税理士や先述の社会保険労務士など様々なものがありますが、士業の資格を取得するのはあくまで最初のステップであり、その後の営業努力などがないとなかなかこれらだけで食べていくのは難しい時代になりつつあります。